忍者ブログ

あっち向いてホイ

創作や企画の呟き、落書き、アイディアなどが放り込まれるブログ

♪テッテレー

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

♪テッテレー

相棒宅から拾ってきたよ、「キャラクター状況バトン」。
自宅のキャラ紹介すらまだろくにできてないのに、他人が読んでもなんのこっちゃだとは思うけど、
キャラを動かすトレーニングだと思って回答してみました。







――Q1. ではまず、A~Gにキャラを当てはめてください。作品はごちゃ混ぜでも統一でもOKです。

 メンバーはうちの歌姫作品から引っ張ってきました。(順番はあみだで決定)
 A:ヴァインロート B:レイヴン C:ウィロー D:シオウ
 E:キュアノス F:レイミ G:アメリア


――Q2当てはめましたね?では始めます。

 バッチコーイ!


――Q3. Aのキャラ(ヴァインロート)とCのキャラ(ウィロー)が一緒に遊んでいます。何してるんでしょう?

  初っぱなから勢力とかキャラ相関を無視した無茶振りが(笑)
うーん。ヴァインロートが孤児の子供達とボール遊び(サッカーとかバスケ)をするのに、
ウィローが数合わせで付き合ってあげてる感じ?
そういう状況以外で、この二人が一緒に遊ぶ絵ってのが思い浮かばないww
陣営も違うし、ヴァインロートがウィローと遊ぶ理由が何もない。

 あと、ヴァインロートは運動神経が良いから普通に何でもスポーツできるけど、
ウィローはあんまり自分から好んでスポーツするようなイメージのキャラじゃないんだよね。
身体を動かすならスポーツより買い物とか、散策をするタイプ。


――Q4. Bのキャラ(レイヴン)とDのキャラ(シオウ)が喧嘩をしています。なぜでしょう?

 また難しいことを(笑)
シオウが誰かにつっかかるとしたら、自分の仕事(区の運営)に関わることだろうから――

(シオウ)「あなたはカラスを自分の思い通りに使役できる術を身につけている、という噂を聞きました。
そんなあなたにおり言って頼みがあるのですが、聞いてはもらえませんか」
(レイヴン)「ん? 何だい?」
「最近、区のゴミ捨て場でカラスがゴミを荒らすという被害が頻発して困っているんです。
そこで、その悪さをするカラス達をあなたの力で何とかしていただきたい。もちろん、報酬は払わせていただきます」
「いやぁ、悪いけど……」
「私はまじめに、区の正式な仕事として頼んでいるんです。
我が区の財政から鑑みれば……まあ、過分な請求には応じかねますが、労働に見合った見返りは用意するつもりでいますよ?」
「でもねえ……あれも私の魔力を割いてやっているからね。
できれば自分の都合以外では使いたくないんだが」
「つまり、疲れるから受けかねる……と?」
「そうなるね」
「では、報酬は先払いに致しますので、明日からでもお願いしますね」
「……おや? 私は先ほど、断ると言ったつもりだったんが?」
「引き受けてもらわなければ困るので、無理にでも引き受けてもらいます。
どんな対策を立てても、やつらのゴミ荒らしを止められなくてこっちは胃がキリキリしてるんです……!
人助けだと思って、引き受けて下さい」
「強引だな。それはそっちの都合だろう」
「私が目の下にクマを作ってやつれ顔で頼んでいるというのに、あなたには人情がないのか!?」
「引き受けたら今度はこっちがやつれる羽目になるんだ、他を当たってくれ!」
「あなた以外の誰に頼めと言うんです? 引き受けてくれるまで退きませんよ!」

……レイヴンは魔力欠乏症で、すぐ魔力が枯渇してしまう(=疲れやすい)体質なので、
あまり他人の為に魔法を使いたがりません。シオウの頼みは断られて当然ですね。
そしてこのシオウは、得体の知れない魔術師にすがりつかなければならないほど、
職務遂行に追い詰められていたようです。きっと誰かさんのツケのせいでしょう。合掌。


――Q5. Eのキャラ(キュアノス)が転びました。それをGのキャラ(アメリア)が目撃しました。

「――わっ、ぶ!」(道の段差につまづいて転んだ)


――Q6. ↑の時のGのキャラの反応は?またはなんと言う?

「――あっ……! キュアノスくん、大丈夫?」(キュアノスに駆け寄る)
「……だ、大丈夫だ、問題ない。貴方は、こんな些細なことで僕の心配などするべきではない」
「ああっ、手のひらから血が出てるよ?」
「――っ、触るな! 貴方の手が汚れてしまう。それに、大丈夫だと言ったはずだ。この程度の怪我、僕には何でもない」
「そう……? でも、手当はちゃんとしてね。傷口からばい菌が入ったら大変だから」
「もちろん、そうするつもりだ。体調管理は常に万全でなければ……貴方の警護に支障が出ると、困るからな」

……キュアノスは、運動音痴ってほどじゃないけど、文化系タイプの人間なので、
油断した隙にちょっとした段差に足を取られたりして派手に転んだりしてそう。


――Q7. Fのキャラ(レイミ)がAのキャラ(ヴァインロート)にジュースをおごっています。なぜ?

 多分、レイミが気を利かせて、少ないお小遣いを使って買ったジュースを
疲れているヴァインロートに差し入れてあげたんでしょう。
レイミは賢くて、結構人のことを見ている子ですよ。よい子。


――Q8. Bのキャラ(レイヴン)とEのキャラ(キュアノス)が道でバッタリ。
 二人ともどこに行ってたんでしょうね?

 どこに……行ってたんでしょうね?(聞くな)
レイヴンは偵察で、キュアノスは……プライベートで一人になりたくて散歩してたとか?
そういう事情だとしたら、二人がどこかの路地でバッタリ会ったとしても、
きっと言葉は交わさずさっさと歩いて行ってしまいますね。(特にキュアノスは)


――Q9. Cのキャラ(ウィロー)がDのキャラ(シオウ)にプレゼントをあげるそうです。何をあげる?

 この二人は立場が上の人物を補佐する役割をする者同士、
互いに苦労していることは分かっているので、ウィローがシオウにプレゼントを贈るとしたら、
疲労回復グッズに違いありません。
 もしくは、シオウがレイミの面倒を見ていることを知っている場合には、
レイミ用にぬいぐるみとか、リボンとか、女の子が好きそうなものを贈ってあげると思います。
そういう気の利く男なのよ!……女言葉だけど。


――Q10. DのキャラはCのキャラにお返しを。何をあげる?

 うーん、相手を労う意味で、同じく疲労回復に役立ちそうなものを贈るんじゃないですかね。
入浴剤とか、お茶菓子とか。


――Q11. Fのキャラ(レイミ)とBのキャラ(レイヴン)が言い争いをしています。なぜ?
 そしてその様子をGのキャラ(アメリア)が見ています。


 ――そりゃあ、レイヴンがQ4でシオウの頼みを断ったことが原因ですね(笑)
協力してもらえなかった……!と嘆きながら疲れて帰ってきたシオウを見かねたレイミが一人でレイヴンに直談判しに行って、そうなったんでしょう。
アメリアがそんな二人を目撃したら、どうしてもめているのか気になって話を立ち聞きしちゃいます。

「おじさん……どうして、シオウにいじわるするの……?」
「私は決していじめをしているというわけではないんだよ? 彼の頼みを断るのには、きちんとした理由があってね」
「シオウ……おじさんの友達の、カラスに、いじめられてる……」
「いや、カラスは確かに私の友達……のようなものだが、彼らにそうしろと私が命じているわけではないんだよ?」
「シオウが、かわいそう……だよ……」(今にも泣き出しそうな目をしている)
「……うん。そう、だね……?」

……言い争いというよりは、レイミによる一方的な追及……ですね。
何も悪くないのに、幼い少女から責められる不憫なレイヴン。


――Q12. Gのキャラ(アメリア)は止めに入ると思います?

 十中八九、止めに入ります。レイミが泣き出す前に。


――Q13. あらビックリ。Aのキャラ(ヴァインロート)とBのキャラ(レイヴン)の人格が入れ替わってしまったようです。お互いの反応は?

 お互い、入れ替わろうものなら仕事に支障が出るのでかなり嫌がると思います。

「どうして俺が、こんなおっさんの身体になってんだ? 説明しろ、鴉!」
「そう言われても、困っているのは私も同じなんだが」
「……くそ、長くて邪魔な髪だな。なんでこんなになるまで伸ばしてんだ?」
「君こそ、どうしてジャージの上にネクタイを巻くなんて服装で区長として振る舞えるのか、尋ねてみてもいいかな?」
「おい、やめろ気持ち悪い。俺の声でそんなしゃべり方すんな」
「同感だな。私の身体で、そのような乱暴な振る舞いをされては不愉快だ」

ヴァインロートはレイヴンのことを得体の知れない怪しい奴(うさんくさい)だと思っており、レイヴンは自身の振るまいには礼節を課すタイプの人間なので、入れ替わろうものなら二人とも険悪ムードになることでしょう。


――Q14. Gのキャラ(アメリア)が野良猫に餌をあげています。それをDのキャラ(シオウ)が目撃。Dの反応は?

「(あそこにいるのは……アメリア? ……ああして動物と触れ合っている姿は、その辺にいる少女と変わらないなぁ。それなのに彼女は歌姫なんて大変な役割を請け負うばかりか、あの人(ヴァインロート)に振り回されてもいるのだから、体調を崩したりはしないか心配だ……)」


――Q15. また、Dに気づいたGの反応は?

「……あれ? シオウさん。こんなところで、どうかしました?」
「あなたが猫に餌をやっているのが、見えたものですから。少し気になって……」
「そうだったんですか。シオウさんも猫、好きなんですか?」
「え? ああ、はい、そうですね。嫌いではないですよ」
「ふふ。じゃあ、一緒にこの猫ちゃんと遊んであげましょう! この子、とっても人懐こくて、可愛いんですよ?」
「は、はあ。ははは……(参ったな、片付けなきゃならない書類が溜まっているのに……!)」

……そこには、猫と戯れている場合ではないと思いつつも、歌姫の笑顔に負けて時間を浪費してしまうシオウの姿があった……。


――Q16. F(レイミ)がなにやら落ち込んでいます。なぜ?

 自分がした失敗で、シオウやヴァインロートに迷惑をかけてしまったから。


――Q17. そんなF(レイミ)をC(ウィロー)が発見。声をかけると思います?また、なんと声をかける?

 特に声をかけてはいけない理由がなければ、声をかけます。

「あーら、どうしたの? そんな暗い顔してたら、せっかくの可愛いお顔が台無しよ?」
「……」
「ほらほら、立って。いつまでもじっとしてたって、もっと落ち込んじゃうだけなんだから。アタシと一緒に、何か甘いものでも食べに行きましょ? ……ね?」
「…………(頷く)」


――Q18. Aのキャラ(ヴァインロート)が料理を作っています。何を作ってる?

 奴が料理、だと……?
食べられるものなら何でも食える男(超雑食)が料理なんてしたら、
味付けも調理も大雑把きわまりない男料理ができあがるよ。
とりあえず、フライパンで肉を焼いて適当に塩こしょう振ったりして、それをそのままパンとかに挟んで食べると思います。
料理名は、焼き肉サンド?


――Q19. 完成した料理をここに登場してるキャラの誰にあげる?

 あげる可能性があるキャラとしては、アメリア、シオウ、レイミ。
でも、一番あげようと思う対象はアメリア……かな。


――Q20. もらったキャラの反応は?

 ワイルドな料理だなぁ、と驚きつつも口にする。
残すと相手に悪いと思って、アメリアは口に合わなくても無理して全部食べそう。


――Q21. E(キュアノス)が妙にハイテンションです。なぜ?

 ハイテンションキュアノス(笑)
間違えてお酒でも飲んでしまったんじゃないですか。


――Q22. そんなE(キュアノス)の様子を見たB(レイヴン)とD(シオウ)の反応は?

レイヴン→物珍しさで少し観察。
シオウ→職務に疲れてそうなってしまったのではないか?と心配になる。


――Q23. では最後に、ここに登場したキャラの中であなたが一番好きなキャラは?

 レイヴン。今、個人的にアラサーキャラが熱いので。


――Q24. お疲れ様でした!

 どうもノ 結構楽しかったです。


――Q25. 誰に回すか指定してください。フリーでも結構です。

 フリーですのよ。

拍手

PR

コメント

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログ内検索

プロフィール

HN:
nota
性別:
非公開
自己紹介:
日々アホなことを考えつつネタ探しに奔走するズボラー(だらしのない人間)。
得意技は大言壮語と自給自足。
ないなら自分でつくればいいじゃない。

バーコード

フリーエリア